コース案内

コースの中に咲く花木

ささゆり

ささゆり

日本各地の山林に自生する、百合科の植物で梅雨どきにうすいピンク色の花を咲かせる。葉が笹に似ていることから「ささゆり」と呼ばれている。根は食用となる。
東濃地方では、年々その数が少なくなっており保護育成に努める団体が多くなっている。


ささゆり2

10スタートへ向かうカート道横の斜面に咲いており、年々その数が増えてきている。当クラブにおいても、保護のため周りをロープで囲み注意を促しております。
咲きはじめから約1ヶ月間順に花を開いてゆくので、長い間その花を楽しむことが出来ます。


山法師

山法師

みずき科の落葉木。白色で花弁のような「がく」を開く。実は赤色に熟し食用となる。


山法師2

3ショートホールのフルバックティー横に植えられている。コース造成の最中に山の中から運び出して、植栽された。年々大きくなり見事な花を咲かせています。


コースの動物たち

日本カモシカ

日本カモシカ

昨年からコースに現れた日本カモシカです。ハウスから10番スタートへのカート道のすぐそばに姿を見せました。コース内でごらんになった方も多いようです。かなり人に慣れています。


ページトップへ